骨を削って人工歯根を埋め込む手術

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクはあります。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目を損なってしまう問題もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるためにまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。
ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。しかし、それは正しくありません。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属があれば、そこは乱れて映ります。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。
インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方にすすめられる治療なのです。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
インプラントの費用っていくらかかる?

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ