例外はありますが、インプラント

例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。しかし、医療費控除の対象ではあります。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を十分調べてください。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するためにデンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。
人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。
ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。
腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術するのが普通だからです。術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。
インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優っていると考えられます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてください。標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ