費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところまだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。
院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、あれば必ず見ておきましょう。
インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。
例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。インプラント治療には隠れたメリットがあります。治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないということにはなりません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。
自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
インプラント治療を検討している方、大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の技量は厳しく問われるので決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。歯科医選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。
そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ