これはインプラント治療が最適、

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。
このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが命に関わる大事な問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というプロセスをたどります。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。
この治療の費用は歯科医院や歯科医によってずいぶん違っています。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。
インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ