例外はありますが、インプラント治療は保険は適用され

例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材から作られています。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。
インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にかなりの危険が伴います。もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。
歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院が必要になることもあるので、注意してください。このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ