ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。
院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてきちんとホームページに載せている歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実は、かかる費用は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
それでも、相場はあると言えます。歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。
インプラント治療を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。
両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を優先して良いでしょう。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいとは言えません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ