歯科治療のインプラントとブリッジ、どこ

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。もちろん、こうした既往症があるだけで治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。例外はありますが、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告で忘れてはならないのは医療機関で必ず発行している領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費と考えてください。もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院する必要はまずありません。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ