転職活動について

人材紹介会社を使って納得のいく転職が出来た人も増えています。転職活動を一人きりで進めるのは、へこむことも多いものです。転職活動が長引くと、何がいけないのか、どう改善したら良いのか分からなくなることもあります。人材紹介会社を頼った場合、自分にマッチする求人情報を教えてくれたり、1人では思いつかないような助言を得られるでしょう。転職したい理由は書類選考や面接においてとても大切です。相手が納得するような理由がなくては評価が下がります。ところが、転職する理由を聞かれても理解してもらう答え方がわからない人も多いでしょう。ほとんどの人が履歴書を書く際や、面接の際に、この転職理由で悩むこととなります。退職の原因が労働時間の長さである場合には「生産性に重きを置いた仕事を希望したい」、仕事にやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「新しい職場で成長したい」と記載するとイメージは悪くありません。否定的な転職理由も言いかえれば、ポジティブに感じるようにすることもできます。履歴書記載の注意は、150文字から200文字程度にするようにします。転職するための活動は今の職に就いている間に行い、転職先が決定してから、辞職するのが理想でしょう。退職後は、時間が自由ですし、時間をおかないで働くことができますが、転職する先がなかなか決定しない事例もあります。職の無い期間が半年を超えてしまうと、さらに就職先が決まりづらくなりますから、後先を考えずに、今の仕事を辞職しないようにしましょう。どのような転職する理由がふさわしいかというと、まず、本気で転職したくなった理由を考えてみてください。誰かに見せるためではないので、思いつくままにノートに書きましょう。そして、それをネガティブな印象を与えないように表現の仕方を変えてみてください。転職理由の部分が長いと言い訳のように聞こえてしまうので、手短に説明しましょう。

また、転職活動は企業への就職だけが選択肢ではありません。
独立志向が強いなら、起業という選択肢もあります。
特に不動産経営は、在職中から副業としても始められます。
家賃収入だけで働かない生活も、夢ではありません。
ただしそれなりの知識が必要になるので、興味のある方は最低限の情報収集から始めてはいかがでしょうか?

家賃収入だけで働かない生活を築く基礎知識